FF14の思い出日記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。                                                                                                 Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【エオルゼア】2.4 一週間


2.4から一週間経ちました。
みなさんどのように楽しまれておられるでしょうか

俺は相変わらずIDメインで、
ギャザクラ関係後回し
なのでもちろん新レシピ系後回し
モグレター後回し(※してもいない)
ヒルディクエスト後回し(※前回で止まってる)
そういえば、なんとかかんとかっていう謎解きも未だにしておらず

あ、蛮族デイリーだけは完結しました!
デスマスクもらいました!ふたご座だしちょうどええわ!知る人ぞ知るネタ・・・

冷静に考えたら ID攻略だけでようここまで楽しめているな と改めて思っています




しBBA極シヴァのとこへも、足繁く通いました。

今回のBGMはガッカリ。
前半戦は大好きなのですが、後半のBGMは深夜アニメのOPのように感じてしまいなんかこう・・・

ただその中でも一番のお気に入りはダイアモンドダスト時の指パッチン!
お尻のぷるぷる具合がスゲーーーです!






シヴァのプリケツ撮ろうとしたら、ヒルディパパが・・・・

〇ionさん、SS利用させていただきました





こ~んなSS撮ったりしてるから、DD後一瞬忙しくなるんですよねぇw
本当タンク失格ですわ(;´д`)






そしてね

初クリア時、記念SS取り損ねるとかね SS残しが趣味なのに本当毎回残念です。

しかしそんだけ集中しててガンバッテルってことなんですよ(声高










真成編も、固定の皆とさっそく初週からトライしにいきました。



                                   ここ最近の心の癒し、レイスさまドキドキ



結果から言うと、一層はリセット前の月曜にクリア!






しかし今回の一層は個人的にきつかったです。

(以下、戦士目線の偏った記述の可能性有)


3フェーズ目までは想定内の流れでしたが、最終フェーズが涙でるくらいしんどい

最終がきついのはどのロールも同じです。
戦士的なきつさとは周りと同じようにギミックをこなしつつ、
次は肉壁をするのかしないのか、ここでは避けるのか、MTへスイッチしないといけないのか

一瞬でしないといけないこれらの反応神経が、三十路のオッサンにはなかなか鬼きつかった・・・・・

三十路タンク殺しにかかってるの?よしだ?

けど、しんどいのはどのロールでも同じですしね、
他職の事情は自分にはわからない。だからこそ周りがミスをしたら「どんまい!」と言えるよう努めたいです

努めたい と言うのは、やっぱ疲れで努めれないときもあるからゴニョゴニョ





以下、驚いたこと


固定のイケメンモンクが2.4開始3日目か4日目にはすでに忍者になっていた!

忍者頭巾からピョコってでてる耳がちと可愛いです





口寄せしてみた



あ、はい、すみません














オチなしw!



スポンサーサイト

コメント

1. 四十路DPS

すでに息をしていません・・・・。

IDのBGMは大事ですよね。
転がりまくったとしてもBGMで何とか盛り上がれますw

2. ぉお・・・!同士よ・・・!

>レオ様

後半bgmもかっこいいんですが、シヴァの曲じゃなくっていいかな~って個人的に思っています(;´д`)

転がりまくり・・・・
あ、スノーなんたらで縦に突き刺さったあの件ですか(
(´∀`)w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nagamasa061984.blog.fc2.com/tb.php/6-5c40c059

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Nagamasa.G

Author:Nagamasa.G
FF14/Hades鯖
(2015/10月末   Titan⇒Tiamat)
(2017/4.0拡張時 Tiamat⇒Alexander)
(2017/8月末   Alexander⇒Hades)

FF14を遊んでいて楽しかった事、頑張った事、思い出を
書き残したいと思っています。

フリーエリア

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん