FF14の思い出日記

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エオルゼア】ヴァレンティオンデー


アマルジャ族のデイリーをしだしてから毎日この地へ訪れていますが
事件屋のこのFATE・・・いつも発生しててどこか虚s(ry




面白いんだけどなぁwww

イベント終わったら用がない死にFATEでもったいない(・ω・`)










戦士への神話も落ち着き、次の神話の使い道を考えて
なんとなく白魔や黒魔ではなく吟遊詩人に充ててみることにしました。



というわけで、久々に戦士カンストして以来の戦闘職レベル上げをしております。




なんとなく・・・二層で沈黙してみたくなって////

でも私が詩人で二層行く頃には緩和やゴリ押し当たり前になってて
沈黙とか必要なくなってるのかもしれないな。それもそれで寂しいな。









レベル上げに疲れ、
始まったばかりのヴァレンティオンデーイベントをしていたフレさん達を訪問






ヴィエラさんが衣装似合いすぎてて生きていくのが辛い(;´Д`)ハァハァ








でも可愛いって褒めたらこうなっちゃうんだよなぁ




メスッテは照れ屋さん多いのね!





そして、・・・ララの衣装の似合いさが異常wwww






可愛くって可愛くって

可愛さのあまりについ手を出しちゃいました////












今日も僕は なんとか元気です(イミフ










五層の(ry

ツイスター三回よけたよ!









スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。